首都圏の中古マンション購入

中古マンション購入の魅力

マンション購入をする時に、中古マンションを購入するのは選択肢の一つです。

マンション購入するというと、新築マンションをイメージする人もいるかもしれません。しかし中古マンションを購入する方法も、検討してみる価値はあるはずです。中古マンション購入には、新築にはないメリットがいろいろとあります。まず何といっても、中古マンションの場合、安い価格で購入できるのが最大の魅力と言えます。他の広さや立地条件がほとんど一緒の新築マンションと比較すれば、かなり安い価格で買える物件もあります。

また選択肢が多いことも魅力です。たいていの人がマンションを購入するときに、エリアを絞り込んでから物件探しをするはずです。限られたエリアの中で物件を購入する場合に、新築と比較すれば圧倒的に中古マンションの物件の数が多いです。また新築マンションは、空いている土地に建設をすることになります。立地条件に恵まれている土地は、すでにマンションが建設されている可能性が高いです。もちろん都市の再開発の一環で新築マンションが建設されることもあります。その場合には、立地条件に恵まれた新築マンションもあるかもしれません。しかし一般的に新築と比較すると上のような事情から、中古マンションの方が立地条件に恵まれている物件が多い傾向があります。利便性や選択肢が多く、より自分の理想の物件が見つけられる可能性が高い所も、中古マンションならではの魅力と言えます。

新築マンションの場合、まだ建設途中の段階で入居者を募集することが多いです。このため、実際の部屋が見られません。モデルルームは確認できます。しかしモデルルームは、マンションの中の一つの部屋をイメージして作られています。どの部屋もすべてモデルルームのようになっているわけではありません。中古マンションの場合、すでに建物があります。このため、実際に部屋を見て購入するかどうかを判断できます。部屋にどれだけ日光が差し込んでくるのかや窓からの見晴らしはどうなのかといったことはなかなかモデルルームでは判断できないところがあります。中古マンションは、このようなモデルルームでは確認できないこともしっかりと確認できます。

マンションの場合、いわゆるご近所トラブルが発生することもあります。近接しているので、一軒家と比較してもトラブルが起こりやすい環境ではあります。賃貸の場合、ご近所トラブルが起きれば最悪引越しすればいいということになるでしょう。しかし購入してしまうと、ローンなどの問題もあるでしょうからそうそう簡単に引越しできないというケースが多くなります。新築の場合、入居するタイミングはみんな一緒です。ですから、隣にどのような人が暮らすのかは入居してみるまで分かりません。しかし中古マンションの場合、すでに隣の人が暮らしているケースが多いです。このため、周囲にどのような人物が暮らしているのかを確認してから購入することもできます。マンションによって、住人構成が偏っていることも多いです。子育てをしている若い家族が多いとか、シニア世代が多いといった感じで、それぞれのマンションに特徴があります。このような特徴も中古マンションであれば、事前に把握できます。自分がそのコミュニティに入っていけるかどうかを確認できるわけです。また住民に対して、住み心地を訊ける所も中古マンションのメリットと言えます。生活しやすいかどうか、周辺の環境はどのような感じかというのは実際に住んでいる人の意見は大変参考になるはずです。このように中古マンションと言われると少し古臭くていやと思っている人もいるでしょうが、ならではのメリットもいろいろとあります。多少古くても、リフォームすることで部屋の内部を新築同様に変えることも可能です。

中古マンション購入の進め方

中古マンションは決して安い買い物ではないので、慎重に進めていきます。

中古マンションといえども、かなり高い買い物になることは間違いありません。そのことを想定して、物件探しをする時には念入りに準備することが求められています。まずは、資金計画について考えていきましょう。多く人が中古マンションを購入するときに、住宅ローンを利用することになるでしょう。しかし住宅ローンを利用すると言っても、頭金は自分で準備する必要があります。一般的には、価格の2割を頭金として用意すべきと言われます。しかし当面の生活費や税金などの諸費用のこともあります。そこで、3割程度は自己資金として準備をしておくべきでしょう。また住宅ローンを組む時に陥ってしまうミスとして、いくらまで借り入れができるかで判断をしてしまう点が挙げられます。借入ができるかではなく、どの程度の住宅ローンであれば返済できるかという所で比較することが重要です。借り入れできても返済できなければ、意味がありません。

資金のめどがついたのであれば、中古マンションの情報収集をしていきましょう。折り込みチラシや住宅情報誌、さらには住宅のポータルサイトを見て情報収集をしましょう。もちろん気に入った物件がないかどうかをチェックすることです。しかしその他にも情報収集することで、自分が求めている条件の物件の価格相場を理解することができます。もし相場が少し厳しい額なのであれば、条件の見直しをしましょう。具体的な物件探しをするのであれば、ポータルサイトを活用すべきです。チラシや住宅情報誌といった紙媒体の場合、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。物件情報を掲載して、印刷して製本するまでにどんなに速くても1週間から10日程度かかってしまいます。気にいった物件があったとしても、先客がすでについている可能性は高いです。インターネットであれば、リアルタイムの情報をチェックできるメリットがあります。

気に入った物件があれば、実際に見学をしてみましょう。見学をする時には、まず部屋の確認をしましょう。中古マンションなので、設備に不備が見つかる可能性があります。そこで動かせるものがあれば、不動産会社のスタッフに確認を取って、実際に動かしてみましょう。もし故障をしているような箇所があれば、スタッフに指摘することです。そしてきちんと入居するまでに治してもらえるかどうか、大家さんに話を聞くことです。構造の面に関しても確認をしたいですが、素人ではなかなか判断が難しいでしょう。そこでできれば、マンションの専門家に来てもらって、建物検査をしましょう。

その他には、共用部分のチェックをすることです。共用部分が期待ないとか劣化が激しいというのであれば、管理体制がきちんとしていない可能性があります。その他には、建物にクラックが入っていないかどうかも確認しておきましょう。ひび割れが入っていると、そこから雨水が内部に入り込んでしまいます。すると、鉄筋がどんどん腐食されてしまう恐れがあります。その結果、マンションの強度に深刻な問題が発生する可能性もあります。ですから、ひび割れも中古マンションだから仕方がないと諦めるのではなく、きちんとチェックすべきなのです。

物件が決まれば、申し込みをすることです。そうすると入居に関しての審査が実施されます。住宅ローンを組む場合には、ここで申し込みをしましょう。仮審査がクリアできれば、売買契約を交わします。契約の時に重要事項説明がなされます。このときにこれから購入すべき物件の重要な項目が説明されますので、きちんと話を聞くことです。契約を交わしたら、物件の登記手続きを行います。登記手続きは司法書士のようなプロに任せることが多いです。

中古マンション購入の注意点

見学をして最終的に物件を購入するかどうかの判断をしますが注意すべきポイントもあります。

見学をして実際に部屋を見てから、中古マンションは購入すべきです。見学をする時ですが、いくつか持参すべきものがあります。まずはチェック項目リストを作っておきましょう。チェック項目をきちんと決めていないと、いろいろな物件を見ていく内に目移りしてしまいます。その結果、どの物件を購入すればいいのか、正確な判断ができなくなってしまいます。そこでチェック項目をあらかじめ決めておいて、その項目をベースにして物件の比較をしましょう。そうすれば、公平な目線で物件の比較ができるようになります。そうすれば、より正確な判断を下せるようになるはずです。

全ての項目をチェックしたい所でしょうが、人間ですから見落としもあるかもしれません。また時間の都合もあって、すべて部屋の中を見られない可能性もあります。またいろいろな物件を見ていく中で、前に見た中古マンションの情報が記憶から抜け落ちてしまうこともあるかもしれません。そこで、カメラを持参しましょう。カメラで部屋を撮影して、後で確認できるようにしましょう。またマンションを見学して、あなたがどのような印象を抱いたのか、気になる項目ができた場合に目もできるような文房具を持参しましょう。カメラで撮影をする場合には、不動産会社のスタッフの許可をもらってから撮影するように心がけましょう。また現在自宅で使っている家具をそのまま、中古マンションに入れようと思っている人もいるでしょう。その場合、部屋の中に入るかどうかも確認しておきたい所です。そこで引越しの時に持っていこうと思っている家具があれば、そのサイズを測っておきましょう。そして部屋の中に入るかどうか測定するために、メジャーも持参しておくべきです。これくらいのアイテムは、見学する時には用意しておきたい所です。

見学をする時には、いろいろと確認しておくべきチェック項目があります。例えば、収納スペースは確認をしておきましょう。思っているよりも生活していると、いろいろな荷物が家の中に持ち込まれます。収納スペースの広さだけでなく、部屋ごとに設置されているかどうかを確認しておきましょう。また天井や壁の状態を確認して下さい。天井や壁に黒ずんだシミがあれば、雨漏りをしている可能性がありますので、注意して下さい。またドアなども実際に開閉して、その様子を確認することも重要です。もし開けにくいと感じるのであれば、その物件は購入すべきではありません。

また周辺環境についても、注意を払うようにしましょう。例えば、首都圏で中古マンションを購入する場合には交通量を確認すべきでしょう。特に幹線道路の近くのマンションの場合には、騒音なども確認しておきたい所です。また一見すると細い道でも、平日は混雑するような所もあります。実は幹線道路の抜け道になっていて、自動車の量が多くなるケースもあります。また時間によって町の表情が大きく変わることもあります。平日と休日ではまるで違うような所もあります。また他にも、昼間と夜間とでは全く表情が変わってしまう所もあります。ですから、見学をする時には、時間をずらして複数回気になる物件であれば、チェックをした方がより確実です。子供のいる家庭の場合には、緑のある公園が近くにあるかどうかも確認しておきましょう。

意外と重要な項目として、携帯電話の電波があります。首都圏であれば、ほとんどの地域で携帯電話は使えるだろうと思ってしまう人が多いです。しかしマンションの構造によっては、部屋の中に電波の入ってきにくい環境の所もあります。ですから、部屋の中に入ったら、ケータイの液晶を見ましょう。きちんと電波が入ってくるかどうかの確認をしておくことです。